元公務員の俺が今までの経験を生かした実のある話を提供していきます。

Googleアドセンス合格への道

Pocket

Googleアドセンスの審査に合格したいけど、基準や指摘事項が抽象的で分かりずらかったり、情報が錯そうしていてどうすればいいのか分からず、苦労されている方は多いはず。

とうことで、Googleアドセンス合格のために俺が意識したことを紹介していこうと思います。

俺がエンタメ系のトレンドブログでアドセンス合格したのは2020年2月で、

・記事数5(合格するまで下書きで記事保存)

・各記事2000文字以上

といった状態でした。

 

参考に紹介しますが、

合格したブログは2020年5月のGoogleアップデートに被弾したのでコチラに移し替えました。

合格した時と記事構成は同じなので、こんなかんじでいいのかと思えていただけたらなと。

合格するまでは1か月くらい試行錯誤して粘りました。

この間、いろいろなサイトやブログ記事を見てきましたが、振り返ると、あまり参考にならないものを公開されている方がいるのに気づきました。

 

なので、この記事では、

・俺が合格した経験から意識したほうがいいこと

・これは、あまり公になってないけど効果があったこと

等を紹介していきます。

いってみましょう!

審査前の前提条件

まず第一に根気が大事です笑

すぐに合格したといった話はほとんどないでしょう。

Googleの基準が不明瞭

不合格になると

このような通知が届きます。

Googleの掲げる言葉は抽象的でどこを直せばいいのか分かりにくいので意識しすぎなくてもいいと思われます。

「質が高く有用なコンテンツ」だとか「価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイト」等と書いてありますが具体的な指標がないので、試行錯誤していくしかないわけです。

 

ポリシー違反をしていない

Googleアドセンスのサイトから抜粋しました。

・危険又は中傷的なコンテンツ

・露骨な性的描写を含むコンテンツ

等ですね。

参考:違法なコンテンツ/プライバシーに関するポリシー

これらに違反した記事でアドセンスに合格しても、後からペナルティが課されて収益化できなくなります。

なので、注意しましょう。

 

合格のために持つべき意識

俺の経験をもとに紹介していきます。

5記事程度で十分

結論的には、5記事程度で十分と言えます。

アドセンス合格のために記事を量産しないといけないといった発言をしている方がいますが、俺は5記事で合格しました。

3記事で合格したといった声もあります。

なので、記事数はあまり意識しなくてもいいでしょう。

さらに言うと、数十記事書いてから不合格だと改善点が分からなくなるので、少ないほうがいいと考えたほうがよさそうです。

5記事だけ公開しておいて、記事作成は続けて下書きに追加していくといいでしょう。

 

PV数は関係ない

PV数がある程度ないと合格しないではといったことを考えている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

俺は2020年1月後半から2月25日に合格するまでのPV数は10/日でしたでした。

かなり少ない数字だと思います。

↑2月のPV数は280です笑

ということで、PV数はまったく気にしなくてもいいと言えます。

因みに6月から急激に下がったのはGoogleアップデートで順位が飛んでしまったため、ドメインを移し替えたからです笑

 

各記事の文字数は最低2000字以上が目安

俺も各記事2000文字以上書いてました

なので、2000程度は必要になるのではと思います。

 

また、アドセンスの審査はGoogleのAIが行っているとのことです。

俺の主観ですが、

PV数も関係なくて、文字は人が読むわけではないので、内容が「質が高い有用なコンテンツ」といった高度なレベルまでは求められないと思われます。

というかAIでもそこまで分からないでしょう

数千文字の記事だから、それなりに質の高いコンテンツなのだろうといった判断が下されているのではと考えます。

 

引用は多用しない

引用は多用すると、合格しにくいといった声はよく挙がっています。

↓Googleアドセンスの公式サイトでも、

AdSense でサイトの収益化を始めるにあたって、次の点をご確認ください。

  • AdSense プログラム ポリシーに準拠している
  • 独自性のある有益なコンテンツをユーザーに提供している
  • 優れたナビゲーションとユーザー エクスペリエンスを提供している

参考:サイトで独自性のあるコンテンツと優れたユーザー エクスペリエンスを提供する

このとおり、Googleは「独自性のあるコンテンツ」という言葉が好きなようなようなので、やはり引用が多いと独自性が損なわれるということになるのでしょう。

俺の運用するエンタメ系トレンドブログでは、芸能人のインタビュー発言や報道などを引用する部分が多々ありましたが、アドセンス合格のために引用をほとんど使わないように直しました。

 

吹き出しを入れる【俺は重要と考える】

俺がアドセンスを合格した決め手が吹き出しです。

俺、参上

↑このような吹き出しを各記事に3~5個程度入れて審査に出してみると、合格しました。

Googleの掲げる「独自性のある有益なコンテンツ」として認められたのかなと思います。

吹き出しについて話されている方はあまりいませんが、俺はこれが決め手で合格できたので重要だと考えます。

 

まとめ

Googleアドセンスの審査基準は不明瞭です。

どこを直せばいいのか分からず、嫌になってくると思います。

ですが、続けていれば絶対に合格するので、根気が第一です。

俺からのアドバイスとしては

  • 5記事で十分
  • PV数は関係ない
  • 各記事の文字数は2000文字以上
  • 引用を多用しない
  • 吹き出しをつける

といったことです。

根気よくやっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.